top of page

睡眠時無呼吸症候群

Sleep Apnea Syndrome

image.png

・睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。

 

・主な症状としては、眠っているときに、いびき、息が苦しくて目が覚める、

何度も目を覚ます。日中は、眠気、居眠り、午前中の頭痛、疲れや倦怠感などの症状があります。

 

・主な合併症とそのリスクでは、脳卒中約4倍 心疾患約4倍 高血圧約2倍 糖尿病約1.5倍と報告があります。

 

・交通事故への約7倍の発生率が高いといわれています。

睡眠時無呼吸症候群の検査の流れ

①問診・スクリーニング

 

②基本的な検査(簡易型による自宅検査) AHI無呼吸指数

        AHI<40      40<AHI

         

③ポリソノグラフィー(精密型による検査自宅でも可)

 

④検査結果により治療法の決定
 

image.png
image.png
image.png
image.png

睡眠時無呼吸症候群への治療

【CPAP療法(持続陽圧呼吸療法)・ BiPAP療法 ・ASV】

 CPAP(シーパップ)療法(持続陽圧呼吸療法)はCPAP装置からホース、マスク を介して処方された空気を気道に送り、常に圧力をかけて気道が塞がらないよう にします。この療法を適切に行うことで睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、治療効果が高い治療法です。

 継続して使い続けることが重要です。はじめてお使いになる方は、治療器に慣れるまでに 2~3ヶ月かかる場合があります。

 

【口腔内装置による治療】

 睡眠障害とは 下あごを前方に固定して空気の通り道を 開くようにする装置を装着し就寝します。 口腔内装置の作成は、健康保険の適用に なります。 歯科へ紹介状にて治療依頼をします。

 

【手術による治療】

 気道閉塞の原因がアデノイド肥大や 扁桃肥大などの場合には、手術で取り 除くことがあります。また、鼻閉を起こす 鼻疾患は、CPAPや口腔内装置の治療 を妨げるため手術が必要となる場合が あります。

bottom of page