top of page
  • sokunodandankai

今シーズンの花粉飛散と花粉症について

九州の一部ですでに、花粉の飛散がやや多い日があるようで、関東は2月中旬から下旬にかけてからスギ花粉の飛散が増えてきます。

連休前に、マスクや花粉症の薬の備えが必要となります。天気がよく気温も上昇してくると、予想より早く飛散する可能性もあります。

当院では、通常から舌下免疫療法を行っておりますが、花粉症等のアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎に対して、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、点鼻薬や点眼薬の処方を行っております。また、重度のアレルギー性鼻炎もゾレアの保険適応となりました。

当院では、花粉症の治療薬である、経口薬では、第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、第1世代抗ヒスタミン薬などを用い、さらに、各症状にあわせて、点鼻のステロイド薬、点鼻用血管収縮薬、点眼の抗ヒスタミン薬、点眼のステロイド薬を相談の上、処方しております。

お困りの際は、是非相談ください。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page